蔵元自慢
地元とともに生きる酒蔵

◆ 匠の技を極める!

 創業以来、手造りの丹精込めた酒造りをモットーとしています。 

『酒は生き物で、しかも正直者です。手抜きをすれば、それだけの酒になってしまいます。手間隙を惜しまず、心を込めて造るだけ』と感じており、基本に忠実に、丁寧な酒造りを信念として伝統の味を守り続けております。

 

「酒造りは毎年1年生の気持ちで」と考えています。これでいい、というマニュアルがなく、まさに長年の経験と勘による匠なくしては完成しないのが酒造りです。そして、麹や仕込み状態など、生き物である酒は様々に変化します。その状態を見て、触れて、香りを嗅ぎ、発酵の音に耳を傾け、舌で確認します。五感をフルに使って酒と向き合い、そこに匠が培ってきた勘を加えて品質にこだわり続けてきた美酒が出来上がります。

   岡部 守博社長

◆ 松盛ができるまで!

■ 造り手に正直な酒は生きもの

 いろいろな条件を積み重ねて出来上がる日本酒。その過程においての造り手の作業が良くも悪くもそのまま反映されます。精魂込めて造らないと、良い酒造りのスタートラインにすら立つことができないと言います。わが子を育てるのと同様に、愛情込めて造り上げる日本酒。ひとつひとつの工程に、蔵人たちのこだわりと愛情が感じられます。

 

■酒本来の自然な工程に、人が合わせて

 弊社では毎年、南部杜氏を中心に社員一丸となり酒造りをしています。そのスタイルは、あくまでも酒主体。ちょうど良い作業時間帯に発酵や熟成がされるとは限りません。たとえ夜中でも早朝でも、もろみの発酵のリズムに合わせて人間が動くのです。また、特に大切にしているのが麹つくり。まるで慈しむように手をかけ、細心の注意で麹をつくります。

 

■より美味しい状態で飲んでいただくために

 美味しい酒へのこだわりは、出来上がった後も続きます。最も配慮しているのは貯蔵管理。原料となる米はその年の気候などで変わり、酒造りにおいてもその日その日の気温や湿度、天候などで作業の加減が変わります。こうして出来た毎年微妙に異なる繊細な酒を手造りの品質第一に考え、それぞれに適した状態で貯蔵管理して提供しています。

洗米機で米を洗います。銘柄によりタイマーを手に水にさらす時間にも注意を払います。   浸漬タンクで米に水を吸わせます。この吸水時間によって蒸米が左右されます。
  浸漬した米を水切りして、こしきで蒸します。日本酒の米は炊かずに蒸すのです。
  蒸しあがった米を放冷機で冷まします。
蒸米は室温を約35℃の麹菌の繁殖に適した環境で寝かせる麹室と、酒母造りのタンクへ。
  じっくりと発酵させ、仕込みます。
  大吟醸は半手しぼりされます。他に自然しぼりと機械しぼりがあります。
  ろ過・熟成を待ち貯蔵タンクで保管します
地酒 松盛のできるまで

◆ 杜氏の姿勢

 酒を造るにあたっては蔵人との和を大切にし心を一つにした酒づくりを心がけています。

◆ 蔵元自慢

 里川流域水田地帯で心のこもった酒造りを!!


蔵の近くを流れる里川の水は、松盛がある常陸太田市の上水道の水源の一つになっています。水質も良く、鉄成分が少い酒造りにも適している軟水タイプです。原料米は一部県外産地の酒造好適米なども使用しますが、基本的には今も周囲の水田地帯でとれる日本晴、美山錦の米を使って仕込みます。昔から変わらない手搾りによる工程を踏む酒造りにおいて、近年「大吟醸酒」などのジャンルにおいて評価を受けております。

お買物はこちら
商品に関するお問合せは

お酒は20歳になってから。 飲酒運転は絶対にやめましょう!

松盛特集
清酒
本格焼酎
梅酒
ギフトセット
蔵元ブログ
スマートフォンはこちらから

www.matsuzakari.co.jp